地球にやさしい環境技術

快適性の向上と省エネルギーの両立に向けて

あべのハルカスは複合用途の立体都市であることを最大限に活かした省エネルギーへの取組みにより、
平成20年度第2回「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に採択されています。
光や風など自然エネルギーを上手に取り込んで、快適性の向上と省エネルギーの両立を実現しています。

快適性を向上 あべのハルカス あべのハルカスはCO2の排出量を標準的なビルに比べて約25%にあたる年間約5,000t削減を目標に計画しています。また建築物の環境性能評価ツールであるCASBEE大阪においてSランク(最高ランク)を達成しています。